FCオーナーになったらぜひ取り組んで欲しい1つのこと | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FCオーナーへのアドバイス

FCオーナーになったらぜひ取り組んで欲しい1つのこと

                      
FCオーナーになったら

FCオーナーが開店初期に取り組んでおくべきこと

 

はれてFCオーナーとなった場合、お店のオープンからお店がオープンしてしばらくはバタバタと忙しい日々が続くことになります。

 

この忙しいタイミングに実はどうしてもやって欲しい取り組みが一つあります。

 

それは自店舗から半径500m程度のエリアへのチラシポスティングです。

 

おっと、ポスティング業者に頼むのではないですよ。

 

オーナー自ら自分の足でそのエリアにある全ての住宅やオフィスに1軒1軒広告チラシをポストへ投函することに取り組んで頂きたいのです。

 

自らポスティングを行うことの意味

 

フランチャイザーによって多少出店までのプロセスは異なるかも知れませんが、フランチャイズ契約を正式に結んだということは、オーナーとしてのテリトリーが正式に与えられたことになっていると思われます。

 

宅配タイプであれ、、来店タイプであれその地でフランチャイジーとして商売を営むことになる訳ですから、その地をよく知ることが何より大切です。

 

その方法としてポスティングほど合理的で、尚且テリトリーエリアをオーナー自身の目や経験で理解するのに効果的な方法を私は知りません。

 

フランチャイズ本部から提供してもらったテリトリーに関する各種の数字だけ眺めて、そのテリトリーの市場について理解したつもりになるなんてことはもってのほかです。

 

テリトリー内の人口動態や最寄り駅の乗降客数や、昼夜間人口比、店舗数、近隣幹線道路の自動車通行量等々、テリトリーエリアに関する数字のデータが無用とまでは申しません。

 

否、むしろそれらは今後の経営において必要な数字です。

 

しかし、テリトリーを理解するためにはそうした数字だけでは無理なのです。

 

中にはこうしたテリトリーエリアの数字だけをみてあれこれ偉そうに経営指導を行なう経営コンサルタントもいますが、私にはそのような曲芸はできません。

 

テリトリーエリアを実際にその足で観察しながら歩くという経験をしない限り、テリトリー内を生活圏にしている住民の方々や、テリトリー内のオフィスや工場のワーカーの方々の目線や行動を理解することは困難です。

 

自身の目で観察しながら実際に歩くことで、テリトリーエリアに対する知見を深めることがテリトリーを与えられたFCオーナーができるだけ早く取り組むべきことなのです。

 

ただし、そのテリトリーを歩いて観察すること自体を目的化してしまうと、何に着目して良いかが不明になるため効果が得られにくくなります。

 

そこで有効なのがポスティングなのです。

 

ポスティングを行うことで得られる効果

 

ポスティングを行ないながらテリトリーをまわれば次のようなことが期待できます。

・チラシによる広告活動を行える
・そのエリアの住民の方々や企業経営者などにチラシを渡すことでコミュニケーションをはかることができる
・ポスティングが難しいマンションやポスティングが容易なマンションがどれかなどがわかる
・細い路地ながら車の抜け道となっているため、通行人が立ち話などできないため足早に通行するだけの道だとか、広い割には車も人も通行量が大変少ない道路等々、テリトリー内の道路の”特徴”をつかめるようになる

 

などなど、このほかにも多数のことを発見できます。

 

しかも繰り返しとなりますが、知見が深められるだけでなくポスティングによる営業活動も行えるのです。

 

テリトリーエリアが決まったら、そのテリトリーエリアに対する理解を深めるために店舗用のチラシが

 

できたらできるだけ早くオーナー自らポスティングに取り組んでみてください。

 

きっと「やってよかった」と思えるはずです。

-FCオーナーへのアドバイス
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

コロナ対策を店舗のPRポイントにすべし!

日本はようやく都道府県間の移動が解禁となり、ようやく店舗ビジネスの再開も本格化しつつあります。 しかしながら新型コロナ=武漢肺炎が日本から消滅した訳ではありません。 依然、感染の危険がある訳です。 フ …

FCオーナーへのアドバイス!自分の店が見えなくなった場合の脱出法

目次1 店舗が見えなくなる現象は熱心なFCオーナーに生じやすい2 スランプに陥った場合の対策とは2.0.1 ■顧客として”他”店舗を訪問すること2.0.2  ●自店舗では難しい! FCオーナーの自店舗 …

CSとES、どちらを優先すべきか

CSとES、どちらを優先すべきかご存知ですか?(パート1)

目次1 CSとESはどちらを大切にすべき?1.1 「ES」2 なぜ「ES」か2.0.1 ■「接点」とは?なぜ「接点」がESと関係するのか?2.0.2 ■ESの悪さが接点を通じてお客様へ伝わる CSとE …

ロイヤルティー

ロイヤルティーの支払いは大変ですが・・・

目次1 ロイヤルティーの支払いは正直イヤでした・・・2 たかが3%、されど3%3 ロイヤルティーはのれん代や指導料であるのと同時に物が言える関係形成で重要 ロイヤルティーの支払いは正直イヤでした・・・ …

FC店舗の聴覚における接点

「接点」パート4 FC店舗の聴覚における接点を考えてみよう

目次1 売上不振は接点の何処かに必ず理由がある1.0.1 ■「聴覚」の接点には何があるか2 接点はタイミングにより変化→常時チェックが必要2.0.1 ■「接点」はタイミングまたは状態も重視される 売上 …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索