運営マニュアルのボリューム、足りていますか? | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

フランチャイザー企業へのアドバイス

運営マニュアルのボリューム、足りていますか?

                      

マニュアルは質も量も大切

 

本日はフランチャイザーがジーに提供する運営マニュアルについてお話します。

 

事業FC化のコンサルティングで大変多い相談の一つが、運営マニュアル(以下マニュアルとします)についてです。

 

マニュアルには留意すべきポイントがたくさんありますので、回を分けてお伝えしたいと思いますが、本日お伝えするのはマニュアルの分量についてです。

 

マニュアルのページ数と言っても良いでしょう。

 

■パワポで40ページ前後のマニュアル・・・・

 

事業のFC化依頼を受けたある会社より「マニュアルをみて欲しい」と言われて渡されたマニュアルの量を見て、私は絶句しました。

 

A4横、パワーポイントで作成されたそのマニュアルのページ数はわずか30~40ページ程度しかありませんでした。

 

パワーポイントですので各ページの文字サイズも大きく、文字数がぎっしりと言ったものではありません。

 

中には3~4行程度の見出しだけで終わっているページも含まれていました。

 

「マニュアルはこれだけですか?」とお尋ねすると、どうやら逆の意味で受けとめたようで

 

「はい、御安心ください。これだけです。それでもちょっと多いかも知れませんが・・・」と申し訳なさそうに回答されたことに、更に愕然としました。

 

さて、ここまで読まれた読者の皆様は本記事のタイトルも踏まえて「きっとコイツはマニュアルは「分量が多い」ことが大切と訴えるつもりだろう」と思われたかも知れません。

 

■量ありきではなく結果的にかなりの量になることが大切

 

ちょっと違います。

 

マニュアルのボリュームは多ければ良いというものではありません。

 

少なくできるなら少ない方が良いです。

 

しかし、「まっとうなフランチャイズビジネス」に取り組むつもりなら、否応無しにマニュアルのボリュームは多くならざるを得ないのです。

 

某ファーストフードレストランで有名なFCチェーン店のマニュアルは、電話帳程度のボリュームがあるマニュアルが4~5冊以上に及んでいることは有名ですが、別にマニュアルの量を誇示するために同チェーン店は分厚いマニュアルを多数用意しているのではありません。

 

運営に必要なことをマニュアル化したら、必然的にそれぐらいの量になるということです。

 

マニュアルのページ数が少ないことが意味すること

 

つまり、マニュアルのボリュームが少ないということは

・マニュアル化すべき事項がかなり見落とされている

もしくは

・マニュアルの書き方そのものが粗雑で、マニュアルとして十分機能しない文字量で書かれている

 

かのどちらか、あるいはその両方だということです。

 

特に中小企業のフランチャイザー企業を指導させて頂いたこれまでの経験でお伝えするなら、マニュアルとして予定されていた内容の3倍以上のボリュームが必要という場合が大変多かったですね。

 

つまり必要な量の1/3しかない・・・・

 

これほどの乖離がある訳です。

 

本来マニュアルとして提供されなければならない事項の1/3しか受け取れなければ、加盟したフランチャイジーが苦戦するのも当然です。

 

店舗経営が上手くゆかないことをフランチャイジーの経営能力のなさだと勝手に決め付ける前に、十分なマニュアルを提供できているかどうか検証することはフランチャイザーとしての責務です。

 

ではどのような内容を充実させていけば良いか、マニュアルはどう書いてゆけば良いか等々はこのブログの別記事でいつか改めてご紹介して参ります。

 

-フランチャイザー企業へのアドバイス
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

緊急事態を乗り切れ!飲食フランチャイズ生き残り策!

武漢肺炎の影響により、フランチャイズビジネス、とりわけイートイン型の飲食FCは存亡の危機にあると言っても過言ではありません。 ではこの難局を乗り切るにはどうすれば良いか? FCコンサルの専門家として、 …

直営店は「模範店」

直営店は「模範店」であると同時に「実験店」でなければならない

目次1 直営店は「模範店」で満足してはダメ1.0.1 ■新商品投入は店舗オペレーションを悪化させる場合も2 新商品やサービスをFC加盟店へ提供するタイミングとは2.0.1 ■「やってみなければわからな …

フランチャイズオーナーを募集したければオーナーの休日を考えよ!

目次1 オーナーの働き方はFC募集の鍵2 オーナーを馬車馬のように働かせる口実であってはならない2.0.1 オーナー酷使の発想はFCチェーン全体の首を締めることになる オーナーの働き方はFC募集の鍵 …

飲食業界はフェイスシールドでスタッフを守れ!

緊急事態宣言の延長が示唆しているとおり、中共ウイルスとの戦いは長期戦を覚悟する必要があります。 つまり、緊急事態宣言解除後も、何らかの継続的な対策が各事業者、特に飲食業界に求められることなるでしょう。 …

ザーは投資型のFC加盟方式も検討すべき!

今回は、加盟者自身に「労働力」を提供してもらうことを前提としているフランチャイザー企業への提言を、記事にしたいと思います。   FCオーナーが店長として店舗に立つことが契約条件になっている場 …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索