ロイヤルティーの支払いは大変ですが・・・ – フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FCオーナーへのアドバイス

ロイヤルティーの支払いは大変ですが・・・

                      
ロイヤルティー

ロイヤルティーの支払いは正直イヤでした・・・

FC加盟を検討されている皆様へ、今日はロイヤルティーの支払いについて経験談をお伝えしたいと思います。

現在FCオーナーとしてロイヤルティーを支払っている皆様ならお分り頂けるかと存じますが、毎月のロイヤルティーの支払い・・・・

はっきり言えばイヤなものです。

例えば月商500万円の店舗ならロイヤルティーが月3%だとしても15万円、5%なら25万円になります。

しかもロイヤルティーは消費税を含みません。

ので、消費税10%なら合計27.5万円です。

月額27万円超と言えば社員一人、もしくはフルタイムのパートなら1.5人程度雇用できる水準の金額になります。

ロイヤルティーの対価はスーパーバイザーによる臨店指導料だけでないこと、チェーン店としての「看板料」なども含まれていることは頭ではわかっています。

が、ロイヤルティーの金額がちょうど人件費を想起させる金額ですので、特にスーパーバイザーの臨店頻度と関連付けて考えたくもなります。

社員を一人雇えば月間20日以上、1日8時間は店舗で働いてくれるのに対しスーパーバイザーの臨店頻度は月1回~数回程度。

たまに長時間付き合ってくれることもありますが、通常の滞在時間はせいぜい1時間程度。

・・・そのため、ロイヤルティーに対してすご~く「割高感」のようなものを感じてしまう訳ですね。

そうしたこともあってか、私がFCオーナーだった時代、同じチェーン店に加入していたFCオーナーでロイヤルティーの支払いだけわざと遅らせていた方なんかもいましたね。

(決してマネしないでくださいね(汗))

たかが3%、されど3%

なぜ私がこんなことをお伝えしているかといえば、まだロイヤルティーを支払った経験がない方がFCに加盟し、実際にロイヤルティーを支払うようになった場合、こうした思いを感じる可能性が十分予見されるからです。

「3%や5%は消費税より低い数値なので、それほどたいしたことないだろう」

なんて高を括っている方、案外多いと思うからです。

何を隠そう、加入する前までは私自身がそう思っていましたから。

貴重な売上の中から、社員一人分の人件費に相当するぐらいのお金を毎月支払うことは想像以上に辛いものなのです。

しかし!

「フランチャイズは本部だけが儲かる仕組み?」

というブログ記事で以前お伝えしたとおり、月商700万といった繁盛店から35万円のロイヤルティーを頂戴できても、本部はそれほど儲かる訳ではないのです。

しかも月商700万なんてかなりの優良店舗です。

加盟店には売上不振店も含まれますから、不振店からは35万円なんてロイヤルティーはもらえません。

例えば月商200万を切る店舗なら、5%でも10万円を切ってしまうことになります。

この店舗に限れば、指導すればするほど本部は赤字になってしまいます。

ロイヤルティーはのれん代や指導料であるのと同時に物が言える関係形成で重要

しかし、誠実な本部であればそれで対応を変えることなく、場合によっては優良店以上の支援を行なうこともあります。

なので・・・

契約だから仕方なくではなく、「本部と共に良くなる・成長する」という前向きな視点に立ってロイヤルティーは気持ちよく支払ってあげて欲しいと思います。

支払いを遅らせたり、不払いをしたりすることは契約違反云々だけでなく、本部との関係もギクシャクしてしまい、良いことは一つもありません。

誠実に支払い、良好な関係を本部と築いた上で、言うべきことがあればしっかりと言う・・・

FCオーナーを経験した者として、ロイヤルティーに対してはそんな割り切り方が精神衛生上ベターです。

-FCオーナーへのアドバイス
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

SNS

フランチャイジーはSNS活用にこだわるな!

フランチャイジーは、無理にSNS活用にこだわる必要はありません。 このことは、フランチャイザー本部にも口を酸っぱくして提言しています。 「SNSを利用するな」とは言いませんが、SNSの価値を過大視し、 …

M&Aパート2:M&Aは店舗数拡大の切り札

目次1 M&A市場の確立は店舗増につながる!2 1店舗目の成功が大事!3 新規出店を経験しない限り直営店の譲渡は認めないという愚 M&A市場の確立は店舗増につながる!   F …

アルバイトの使い捨て発想は店舗を必ずダメにする

アルバイトの使い捨て発想は店舗を必ずダメにする

目次1 FC店舗成功の鍵はアルバイトの満足度にある2 アルバイト使い捨ての発想は論外3 アルバイトを使い捨てにしてはならない経営的理由とは4 アルバイトを大切にするという気持ちだけではダメ FC店舗成 …

CSとES、どちらを優先すべきか

CSとES、どちらを優先すべきかご存知ですか?(パート1)

目次1 CSとESはどちらを大切にすべき?1.1 「ES」2 なぜ「ES」か2.0.1 ■「接点」とは?なぜ「接点」がESと関係するのか?2.0.2 ■ESの悪さが接点を通じてお客様へ伝わる CSとE …

顧客満足と従業員満足、どちらが重要か(パート2)

目次1  CSよりESを優先すべき理由その21.0.1 ■従業員が自主的にCSへ取り組んだ事例2 CS成功の鍵はESにあり3 まとめ3.0.0.1 ◇お客様と多数の接点を持つ従業員の方々のESが低けれ …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

検索