FCも無縁ではない!10年後になくなる仕事は本当か? | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FCオーナーへのアドバイス

FCも無縁ではない!10年後になくなる仕事は本当か?

                      

「今後10年程度でなくなる仕事」とは

英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が論文で発表した「今後10年程度でなくなる(と予測される)仕事」が話題を呼んでいます。

「なくなる」というのは正確には仕事そのものがなくなるという意味ではなく、人工知能(以下AI)や産業用ロボットがそれらの仕事を担うことで「人の仕事ではなくなる」という意味です。

統計学的解析から導き出したところ、現在の職業の4割以上(米国の場合が確率90%以上で「なくなる」というから驚きですが、私見としては「統計解析手法としては正しいかも知れないが、現実がそのとおり全てゆくとは限らない」と思います。

 

90%以上という確率が現実的とは思えない理由

少なくとも90%以上というのは理論値に過ぎず、現実的にはその半分以下と評価しています。

例えばなくなると指摘されている仕事に「プロスポーツの審判」という仕事が含まれています。

確かにプロスポーツの審判を見渡した場合、競馬の着順判定など、人間ではなく機械に基づいた判定が取り入れられている例がすでにあります。

10年後どころか現在の技術でも、かなりのプロスポーツの審判業務が代替可能だと思われます。

しかしながら、例えばサッカーのイエローカードやレッドカードといった判断は機械的な判定は困難であり、人間によるエーモショナルな判断が必要になります。

そうした判定領域については、10年程度の進化でAIに取って代わると考えるのは難しいのではないでしょうか。

また、この論文は顧客ニーズという重要な視点が抜けています。

例えば大リーグではジャッジを巡っての監督と審判のぶつかり合いも、観戦上の楽しみの一つになっています。

このシーンはそれぞれがプロとしてのプライドと感情をもった人間同士の対立だからこそ、観客はエキサイトする訳です。

それが機械判定に置き代わり、そうしたエキサイトなシーンが見られなくなれば、お金を出してくれる観客の楽しみの一つを奪うことになります。

つまり技術的には可能であっても、プロスポーツはビジネスであり「顧客ニーズ」を重視しますので、顧客ニーズに背いてまで全てをAIに置き換えようとは当面ならないと予見されます。

 

逆に顧客ニーズが積極的にAIを求めている領域もある!

・・・・・・・ただし、現在必要とされている審判の数がそのまま必要かと言えばそうとは言えません。

先程例を上げた競馬着順に代表されるように、例えばライン上なのか、内側なのか外側なのかといった絶対基準が求められる領域では、ミスを犯す人間より機械的な技術による精密で公平な判定を求める顧客ニーズも顕在化しています。

野球だけでなく、バレーボールなどでもビデオ判定が取り入れられるようになったのは顧客ニーズという外圧があったからです。

つまり、審判という仕事が全てAIやロボットに10年程度で全て置き換わることは極めて考えにくいものの、現在の審判数を100としたら、10年後に必要とされる数は50あるいは30ぐらいになってしまう可能性は十分あると言うことです。

さて、マニュアルをベースに運営されるFC店舗は長期的な視点においてAIや産業用ロボットの活用は絶対にさけて通れません。

FCの根幹は「オペレーションの標準化」です。

標準化されているオペレーションほど、仕事の中で最も機械化しやすいオペレーションはないからです。

審判の事例に代表されるとおり、置き換えられることを前提として、どの部分からAIやロボットに置き換えてゆくべきなのか、顧客ニーズを踏まえた上での検討と対策が今後必要になってきます。

-FCオーナーへのアドバイス
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ロイヤルティー

ロイヤルティーの支払いは大変ですが・・・

目次1 ロイヤルティーの支払いは正直イヤでした・・・2 たかが3%、されど3%3 ロイヤルティーはのれん代や指導料であるのと同時に物が言える関係形成で重要 ロイヤルティーの支払いは正直イヤでした・・・ …

顧客満足と従業員満足、どちらが重要か(パート2)

目次1  CSよりESを優先すべき理由その21.0.1 ■従業員が自主的にCSへ取り組んだ事例2 CS成功の鍵はESにあり3 まとめ3.0.0.1 ◇お客様と多数の接点を持つ従業員の方々のESが低けれ …

FC店舗の聴覚における接点

「接点」パート4 FC店舗の聴覚における接点を考えてみよう

目次1 売上不振は接点の何処かに必ず理由がある1.0.1 ■「聴覚」の接点には何があるか2 接点はタイミングにより変化→常時チェックが必要2.0.1 ■「接点」はタイミングまたは状態も重視される 売上 …

コロナ対策を店舗のPRポイントにすべし!

日本はようやく都道府県間の移動が解禁となり、ようやく店舗ビジネスの再開も本格化しつつあります。 しかしながら新型コロナ=武漢肺炎が日本から消滅した訳ではありません。 依然、感染の危険がある訳です。 フ …

顧客との接点は自分の視覚で確かめる

「接点」パート3 顧客との接点は自分の視覚で確かめるべし

「フランチャイズビジネスは顧客との「接点」を重視せよ!」の続きとして、お客様がケーキ店に入店した後の「接点」の続きを考えてみることにします。 皆様は最寄のケーキ店に自分が顧客の立場で入店したことをイメ …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索