フランチャイズ加盟店は絶対に破産させてはならない! | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

スーパーバイザーへのアドバイス

フランチャイズ加盟店は絶対に破産させてはならない!

                      

フランチャイズ店舗の収益が生活基盤となっているFCオーナー企業は倒産させてはならない

 

フランチャイザーはフランチャイズビジネスを末永く推進し、チェーン店の発展・繁栄を目指す「覚悟」があるなら加盟店を絶対に倒産させてはなりません。

 

このように指摘すると、「ザーとジーはそれぞれ異なる経営責任で運営されている企業体。倒産の責任までは負えない」との反論を頂戴します。

 

なにも連帯保証人になったり、資本を注入して経営を支えろと言ったりしている訳ではありません。

 

加盟店舗以外に手広く事業展開しているFCオーナー企業が加盟店の経営は順調だったのに、他の事業の失敗が原因で倒産してしまう場合は確かにやむを得ません。

 

しかし、私が言っているのは加盟店の経営だけしか行なってない、個人事業主の方や加盟店の売上が収入のほとんどを占めている中小企業のケースです。

 

中小企業や個人事業主の方によるフランチャイズ加盟は、そうしたケースはとても多いのではないでしょうか。

 

そのようなケースでもし加盟店舗の経営が上手くゆかなくなったら、倒産、さらには経営者個人の破産まで招いてしまう可能性が大いに高まります。

 

このような場合、フランチャイザーは絶対に加盟店を倒産させてはなりません。

経営が悪化していたら全力で支援すべき

 

売上が落ち、収益が悪化し始めたら売上が回復するよう通常の臨店指導回数などは度外視して、全力で支援を行なう必要があります。

 

そこまで責任を負う契約にはなっていない?

 

契約にあろうがなかろうが、必要ならオーナーと寝食を共にするぐらい密着し、根本から経営を立て直す支援を行なうべきです。

 

資金繰りが厳しいようであれば、銀行に同伴し取引先支店の支店長に

 

「本部は全面的に支援する。必ず経営を立て直してみせる」

 

と約束し、返済を待ってもらったり、追加融資を受けられたりするよう援護射撃も行なって下さい。

(くどいようですが、資本を注入しろ、金銭上の連帯保証人になれと言っているのではありません。)

 

私自身、スーパーバイザー時代に実際に取り組みました。(勿論社長には許可を取った上ですが。当時社長から言われたことは「とことんやれ!絶対に救え!」の二語だけです。)

倒産させてはならない理由とは

 

なぜここまで言うのか。

 

1点目は仮に1店舗だけであっても、倒産という事実はチェーン店のブランドを大きく毀損させることになること。

 

お客様がチェーン店全体に対して、「あの会社はうまくいっていない=商品がきっとよくない」といった発想になる可能性が極めて高いからです。

 

もう1点は、こうした経験を積めばフランチャイザーとして大きく成長できるからです。

 

上手くゆかないフランチャイジーの経営建て直しにこそ、そのフランチャイズチェーンが末永く発展、繁栄を遂げるための大きなヒントが数多く詰まっているからです。

 

ある店舗サービス系のフランチャイズチェーン本部の幹部と話をした際の経験です。

 

このようなことを他人事のように語っていたことに、私は驚きを禁じ得ませんでした。

 

「この前、加盟したフランチャイズオーナーが自己破産したんですよ。原材料費やらロイヤルティーが、焦げ付いちゃって困りましたよ。

 

出店費用の8割以上を借金してたらしいですけど、売上が低空飛行のまんまだったんで、借金が返せなくなった訳です。

 

経営にむいてなかったんでしょうね。ハハハ・・・」

何が何でも守り抜くこと

勿論、社長ともどもこうした姿勢に対して厳しくお説教させて頂いたことは言うまでもありませんが、こうした発想となる人物がフランチャイザー企業の幹部を務めていることに暗澹たる気持ちになりました。

 

もう一度言います。

 

店舗経営が生活の生命線となっているフランチャイジーを、絶対に破産させてはなりません。

 

何が何でも守り抜くこと。

 

それは間違いなくフランチャイザーとして大きく飛躍、成長するための礎となります。

-スーパーバイザーへのアドバイス
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

スーパーバイザーが行なうべきたった2つのこと

スーパーバイザーが行なうべきたった2つのこと

目次1 スーパーバイザーがFC加盟店舗を訪れた際にやるべきこととは2 SVが掃除を行うメリットとは3 もう一つのやるべきこととは3.0.1 追記 スーパーバイザーがFC加盟店舗を訪れた際にやるべきこと …

svは直営店店長をほめよ

SVは直営店店長を1回叱ったら6回以上ほめよ!

目次1 svの仕事で大切なこと=ほめること1.0.1 ■SVの仕事は店長を叱ることではない1.0.2 ■ダメだダメだは逆効果2 「ほめる3:しかる1」は間違い?ロサダラインの正しい意味とは3 1回叱る …

SVのこんな時どうする:FCオーナーが既製品のユニフォームにしたいと言ってきた!

目次1 スーパーバイザーの皆様、どう対応しますか?2 「ルール」だからはご法度!メリットを伝えることが大切!3 キーワードは接点・CS・ブランド スーパーバイザーの皆様、どう対応しますか? &nbsp …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索