フランチャイジーはSNS活用にこだわるな! | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FCオーナーへのアドバイス

フランチャイジーはSNS活用にこだわるな!

                      
SNS

フランチャイジーは、無理にSNS活用にこだわる必要はありません。

このことは、フランチャイザー本部にも口を酸っぱくして提言しています。

「SNSを利用するな」とは言いませんが、SNSの価値を過大視し、それに振り回され過ぎているケースが多々見受けられます。

貴店はそうなっていませんか?

SNSは「つながり」を求める空間

ツイッターであれ、facebookであれ、LINEであれ、本来SNSは自分の交友関係に加え、関心事や共有できる考えや意見を軸に、ネットワーク空間で「つながること(コミュニティを形成すること)」が、ユーザーの主な目的です。

もっと砕けた言い方をすれば、「仲間作り」または「友人作り」がSNS本来の目的と言って良いです。

その上で、フランチャイジー企業が「つながりたい相手」とは誰でしょうか。

主には「お客様」ですよね。

そこで考えて頂きたいのが、お客様にとって対価を支払うことでサービスを提供する事業者が、自分の仲間、あるいは友人にしたい対象かどうかということです。

もし、オーナーがSNSの個人アカウントを持っているなら、自身で検証してみればわかるはずです。

あなたが比較的よく利用しているコンビニや飲食店で、構いません。

ただしフランチャイザー、例えばマクドナルドであればマクドナルド本社は除き、よく利用するのがマクドナルド○○町店なら、○○町店を対象にしてください。

・・・積極的にフォローしていますか?

競合調査の目的で同業他社の近隣店舗をフォローしている場合があっても、よく利用している理由だけでフォローはしていないのではないでしょうか。

つまり、お客様は仮にヘビーユーザーであっても、それだけで繋がりたいとは思わないのです。

 

情報発信=広告の場としてしまうから”つながらない”

では、お客様がフランチャイジーの各店舗をフォローする場合はどんな場合でしょうか。

「☓☓時より開店です。スタッフ一同ご来店をお待ちしております」

「○○を販売しております。ぜひご利用ください」

といったありきたりの情報告知で、積極的にフォローしたいと思うでしょうか。

店舗の営業時間や販売商品は、フォローせずとも閲覧すれば事足りる情報に過ぎません。

店舗を利用したいと考えているお客様でも、検索して閲覧したらそれで終わりです。

結局、店舗が発信する情報とは殆どが店舗広告の範疇に過ぎず、お客様が「つながりたい」と思うほどの、有益な価値や情報は提供していないのです。

従ってSNSを広告の場と考え、時間をかけてあれこれ情報発信するのは時間のムダに過ぎません。

そのような時間があるなら、このブログで皆さんへ訴求しているとおり、お客様と店舗の接点を洗い出し、それらの改善に力を注ぐ方がよほど効果的です。

 

日々発信したい情報があるが・・・

「そうは言っても発信したい情報がある。例えば日替わりセールだとか、新商品が入荷したとか・・・」

例えばスーパーが日替わりセールの他、不定期にタイムセールなどを行う場合には、SNSは情報拡散力といった点で一定の効果はあります。

従って、店舗に大胆な裁量権が与えられており、お客様が驚くような強力なセールやイベントを毎日のように企画・実施できるなら、SNSを積極的に活用しても良いでしょう。

なぜなら、店舗広告情報だと言っても、「その店舗のアカウントから、その日にしか得られない”お得な情報”が提供されている」が提供できるなら、フォローする価値を感じてくださるお客様も見込めるからです。

しかし、フランチャイジーにおいて、それは可能でしょうか。

店舗独自のセールやイベント実施において、一定の制約が生じるフランチャイジーでは限界があります。

また、お客様が驚くようなセールやイベントを日々実施するには、各店舗自体に相応の経営体力も求められます。

月商600万~700万で優良店舗に評価される規模のフランチャイジーでは、お客様が驚くような企画はせいぜい月に一度程度が限界ではないでしょうか。

スーパー

どんな場合にSNSは活かせるのか

ではどんな場合であれば、フランチャイジーはSNSを活かせるのでしょうか。

例えば釣具店FCのオーナーや店長なら、釣りファンが喜ぶ絶好の釣り場スポット情報を発信したり、仮に川釣りが得意で好きなら、川釣りで成功するためのノウハウや心得等を、店舗広告は二の次、三の次にして情報発信することです。

同様に、ゴルフ店のFCなら、自店舗の商品とは関係ない、人気プロゴルフ選手のコース攻略やスコア分析に関する情報を発する等、要はそのテーマに関心が高い方々が気付きを得れたり、関心したりできる、”深い情報”を自店舗とはできるだけ関わらせずに発信することです。

「それは大変だし、難しい・・・」

そう思われたなら、本記事の提言通り、無理にSNS活用を考えることは不要です。

あるテーマに関心が高い方々は、誰もが知ってる薄っぺらな情報には見向きもしません。

要は、あなたが釣りファン、あるいはゴルファンであれば、どんな情報を発信している人と繋がりたいかを考えればわかります。

多くのユーザーが「この人とつながりたい」と思える情報発信をするには、とことん調べ、徹底的に考察する継続的な努力が欠かせないのです。

それを乗り越え、一定のインフルエンサーとして活躍できる自信があれば、SNSに力を注げば良いし、インフルエンサーになれば、店の広告などをSNS上でしなくとも、SNSを通じてファンとなったユーザーがお客様として来店して下さるようにもなります。

「誰もがやっているから」

「SNSの活用は商売の鉄則だと言われたから」

程度の認識で取り組むなら、時間がもったいないです。

貴重な時間は店舗運営強化にぜひあててください。

-FCオーナーへのアドバイス
-

執筆者:

関連記事

FCも無縁ではない!10年後になくなる仕事は本当か?

目次1 「今後10年程度でなくなる仕事」とは2 90%以上という確率が現実的とは思えない理由3 逆に顧客ニーズが積極的にAIを求めている領域もある! 「今後10年程度でなくなる仕事」とは 英オックスフ …

qscとオペレーションの標準化

QSCと「オペレーションの標準化」の関係

過日読者の方より、「飲食店ではQ(クオリティー(商品品質))S(サービス)C(クレンリネス(清掃))が大切だと口酸っぱく言われてきたが、QSCと「オペレーションの標準化」の関係がよくわからないので教え …

FCオーナーへのアドバイス!自分の店が見えなくなった場合の脱出法

目次1 店舗が見えなくなる現象は熱心なFCオーナーに生じやすい2 スランプに陥った場合の対策とは2.0.1 ■顧客として”他”店舗を訪問すること2.0.2  ●自店舗では難しい! FCオーナーの自店舗 …

フランチャイズはセキュリティー&セーフティー対策を軽視してはならない!

目次1 ここは日本と侮ることなかれ!セキュリティー&セイフティー2 なぜフランチャイズチェーンにおいてセキュリティー対策が重要なのか3 望まれる対策とは ここは日本と侮ることなかれ!セキュリティー&セ …

アルバイトの恋愛問題対処法

FCオーナー必見!アルバイトの恋愛問題対処法その2

店舗で働くアルバイトスタッフ同士の恋愛について、FCオーナーはどのように対応してゆけば良いか、2回に亘ってお伝えしています。 今回は第2回で「その1」の続きとなりますので、その1をまだ読まれていない方 …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索