FCオーナーへのアドバイス!自分の店が見えなくなった場合の脱出法 | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FCオーナーへのアドバイス

FCオーナーへのアドバイス!自分の店が見えなくなった場合の脱出法

                      

店舗が見えなくなる現象は熱心なFCオーナーに生じやすい

スーパーバイザーの方々へのアドバイスとして「スーパーバイザーが行なうべきたった2つのこと」という記事を書きましたが、この中で「店舗指導を行なっていると徐々に(店舗の課題や問題が)見えなくなってくる」という主旨の指摘を致しました。

 

勿論これは医学的な話をしている訳ではありません。

 

同じ光景に見慣れてしまうと、視覚的には見えていても気付けないことが多くなるという意味です。

 

これはフランチャイズオーナーにも当てはまります。

 

しかも悲しいかな、店舗でマネージャーを兼務しているオーナーや熱心に店舗へ足を運んでいるオーナーほどそうした事態に陥りやすくなります。

 

店舗を隅々まで観察しているつもりでも、なぜか気付かなかったり、見落としたりしてしまう問題点や改善点が増えてきます。

 

そうした状況が顕著になってくると店舗売上が頭打ちになったり、広告費にいくらつぎ込んでもなかなか売上がアップしなくなります。

 

いわゆる「スランプ」に陥ることになります。

 

スランプに陥った場合の対策とは

 

ではスランプに陥らないためには熱心に店舗へ通わない方が良いかといえば、決してそのようなことはありません。

 

そうした姿勢を示すことは、店舗で頑張っている従業員の方々の士気にとって大切なことです。

 

逆に言えば、店舗に足を運ぼうとしないと従業員の士気や緊張感の低下といった別の問題を招くことになります。

 

従って足繁く通う場合にはそうなることを前提として、対策を打つことが必要になってきます。

 

ではその対策です。

 

■顧客として”他”店舗を訪問すること

 

私自身がフランチャイズオーナー時代に実際に取り組んで成果があがった方法をご紹介しますと、顧客として他のチェーン店舗を訪問し、実際に商品を買ったり、サービスを利用したりするということです。

 

実に簡単な方法ですが、高い効果が期待できます。

 

ただし、ポイントをおさえておかねれば十分な効果は得られません。

 

ポイントとは

 

・決して他店舗のオーナーという立場で訪問しないこと、あくまで顧客として訪問すること

 

・何か発見してやろうと意気込まないこと、お客様の立場で利用することだけに徹すること

 

以上の二点です。

 

FCオーナーになってしまうと、同一チェーンの他店を訪問した場合、ポイントとしてあげたようなことが意外にできないものです。

 

かなり自分に言い聞かせてから、店舗訪問を行なって頂く必要があります。

 

この方法の狙いは、他店舗の課題や問題点を発見して自店舗に役立てることではありません。

 

他店舗を「顧客」という立場で訪れることで、FCオーナーとしての視点をリセットさせることに主な狙いがあります。

 

だからこそ一般のお客様同様に商品を注文し、レジに並んで支払いを行なうことが大事になってきます。

 

そうすれば「顧客目線」が蘇り、自分が加盟しているフランチャイズチェーンの商品やサービスを俯瞰して捉えることができるようになり、そうした目線の獲得が先程のリセットにつながります。

 

 ●自店舗では難しい! FCオーナーの自店舗顧客利用

 

ここで「その方法は自店舗でできないのか」といった疑問をもたれたFCオーナーの方がいるかも知れませんね。

 

自店舗で行なおうとしてもそれは無理です。

 

オーナー自身が顧客に徹することができなくなっていますし、従業員もオーナーに対し他のお客様と同様な気持ちで接することができないからです。

 

尚、この方法は同じ他店舗では何度も使用できる方法ではありません。

 

そのため、多少交通費や移動時間はかかりますが、近隣だけでなく遠方の店舗にも足を運ぶ必要が出てきます。

 

が、遠方の場合、ありがたいことにそれだけ苦労が伴うものの、近隣店舗以上の効果が期待できます。

 

FCオーナーの皆様、皆様がもし「見えなくなった」と感じるようになったらぜひこの記事のことを思い出し、ご紹介した対策を実践してみてください。

-FCオーナーへのアドバイス
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

顧客満足と従業員満足、どちらが重要か(パート2)

目次1  CSよりESを優先すべき理由その21.0.1 ■従業員が自主的にCSへ取り組んだ事例2 CS成功の鍵はESにあり3 まとめ3.0.0.1 ◇お客様と多数の接点を持つ従業員の方々のESが低けれ …

顧客との接点は自分の視覚で確かめる

「接点」パート3 顧客との接点は自分の視覚で確かめるべし

「フランチャイズビジネスは顧客との「接点」を重視せよ!」の続きとして、お客様がケーキ店に入店した後の「接点」の続きを考えてみることにします。 皆様は最寄のケーキ店に自分が顧客の立場で入店したことをイメ …

FCオーナーになったら

FCオーナーになったらぜひ取り組んで欲しい1つのこと

目次1 FCオーナーが開店初期に取り組んでおくべきこと2 自らポスティングを行うことの意味3 ポスティングを行うことで得られる効果3.0.0.1 ・チラシによる広告活動を行える3.0.0.2 ・そのエ …

顧客との「接点」を重視

フランチャイズビジネスは顧客との「接点」を重視せよ!

  目次1 商品が良いのに売れない原因を容易に発見する方法2 「接点」とは?3 店舗内は更に接点だらけ・・・ 商品が良いのに売れない原因を容易に発見する方法   例えば店舗でケーキ …

理想的なアルバイトシフトを組めない場合の5つの対策

目次1 アルバイト従業員のシフトコントロール・・・上手くできていますか?2 完璧なシフトコントロールは非現実的3 ■適正人員より多くなった場合の対策3.0.1 ●ポスティングやチラシ配布、呼び込みを行 …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索