コロナ対策を店舗のPRポイントにすべし! | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FCオーナーへのアドバイス

コロナ対策を店舗のPRポイントにすべし!

                      

フランチャイズオーナーの皆様、皆様の店舗のコロナ感染対策は万全でしょうか。

首都圏の店舗を視察した範囲となりますが、コロナ対策を行うのは良いとして、それが店舗経営のプラスに十分活かされていないとの印象を抱いています。

特に問題と感じたのがコロナ対策のPRです。

どのような点が問題でどうすれば解決するか、ご提言致します。

「コロナ対策やってます」だけでは不十分

新型コロナウイルスの感染対策は、店舗経営において今や必須の取組事項となっています。

そのため、ホームページや広告紙面などで

・当店舗は衛生管理、防疫管理に力を入れています

・三密防止の取組を実施しています

・ウイルス感染の予防を徹底しています

といったことを訴求しても、十分な訴求にはなりません。

そうしたフレーズを見ても、利用者にとっては「当然だよね」と言われるのがオチです。

訴求しないよりはましといった程度です。

お客様の視点になって「何をやっているか」を具体的に

コロナ対策はやって当然です。

しかし、対策への取組みを効果的に店舗PRへ活かす方法はあります。

ポイントはお客様の視点で考えることです。

お客様が飲食店の利用を検討しているとします。

その際、コロナ対策についてどんな不安材料があるかと言えば、次のような事項があげられます。

・換気はしっかりされているか

・席と席の間にソーシャルディスタンスが確保されているか

・となりの席に座った客が咳をした場合、飛沫が飛んでこないか

・皿やテーブル、お箸やフォーク、コップなどにウイルスが付着していないか

・複数で会食したいが、向かい合って座っても大丈夫か

・従業員の衛生管理は万全か

従って、それらの不安に対して皆さんの店舗がどう対策を講じているか、具体的に回答することが店舗PRの材料となります。

ホームページ+SNSでの発信が不可欠

では、そうした取組みをどのように発信すべきかですが、申し上げるまでもなく、ネットの活用があげられます。

例えば実際にお客様からの声として聞いた事例ですが、5~6人で会食を行いたいので互いに感染しないよう、アクリル板などのパーテションがテーブルに設置されている店舗を探したそうです。

ところが、メディアに取り上げられた居酒屋「KICHIRI」以外では満足に探すことができなかったと言います。

そこで私自身も実際にやってみましたが、アクリル板などをテーブルの上に配置している飲食店を探すのは容易ではなかった・・・

というより、(ネット検索した場合には)数える程度の店舗しか探し出せませんでした。

ネット検索で拾えないということは、仮にこうした対策を行っていてもネット上でしっかり情報発信してないことが一番の原因です。

従って店舗ホームページにおいて、できれば画像と共にどのようなコロナ対策を行っているか説明するのは必須中の必須事項です。

また、facebookやtwitterなどのSNSを活用しているのであれば、SNS上でも記事を小分けにするなどして、一つ一つの対策を丁寧に情報発信することが望まれます。

 

メニュー以上にコロナ対策をアピールすべき

店舗HPやSNS以外では、ポータルサイトやチラシの活用が次の手となりますが、ポータルサイトやチラシの広告を見る限り、コロナ対策情報は片隅に数行程度、中には一行も書かれていない店舗も珍しくありません。

いくら料理がメイン商品だと言っても、感染不安が拭えなければ、色鮮で美しい料理の写真も色褪せて見えてしまうものです。

特にポータルサイトでの広告は字数や掲載写真の制限などもあり、迷うかも知れません。

が、料理のアピールより対策アピールの方が優先されると言っても過言ではないのです。

多少料理に関する情報を削ってでも、コロナ対策情報はしっかり掲示すべきです。

感染対策のアピールは安心してお客様に来店して頂く後押しになることは間違いありません。

-FCオーナーへのアドバイス
-

執筆者:

関連記事

飲食FCオーナーは自分の舌を過信してはならない!

目次1 FCオーナー時代に知り合った中華店FCオーナーの店を訪問したところ・・・2 チェーン店の直営店と味比べした結果・・・3 規定と異なる味付けを指摘したら・・・4 その後繁盛店に生まれ変わった! …

FCも無縁ではない!10年後になくなる仕事は本当か?

目次1 「今後10年程度でなくなる仕事」とは2 90%以上という確率が現実的とは思えない理由3 逆に顧客ニーズが積極的にAIを求めている領域もある! 「今後10年程度でなくなる仕事」とは 英オックスフ …

FC店舗の聴覚における接点

「接点」パート4 FC店舗の聴覚における接点を考えてみよう

目次1 売上不振は接点の何処かに必ず理由がある1.0.1 ■「聴覚」の接点には何があるか2 接点はタイミングにより変化→常時チェックが必要2.0.1 ■「接点」はタイミングまたは状態も重視される 売上 …

柔軟な経営的発想を獲得するために・キーワード検索の方法を見直してみよう!

目次1 ■意外なキーワードの組み合わせが意外な発想を生む2 ■もう一歩の連想による検索が新たな発見につながる ■意外なキーワードの組み合わせが意外な発想を生む   ネット検索を行なう場合の利 …

顧客との「接点」を重視

フランチャイズビジネスは顧客との「接点」を重視せよ!

  目次1 商品が良いのに売れない原因を容易に発見する方法2 「接点」とは?3 店舗内は更に接点だらけ・・・ 商品が良いのに売れない原因を容易に発見する方法   例えば店舗でケーキ …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索