FC選びに欠かせない!開店数と閉店数の分析 | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FC加盟を検討されている方々へのアドバイス

FC選びに欠かせない!開店数と閉店数の分析

                      

FCを評価する場合に大事なのは店舗数ではなく開店数と閉店数の推移と比率

 

フランチャイズチェーン店を評価する場合、そのチェーン店の店舗数に関わる情報も重要な判断材料のひとつになってきます。

 

ただし、店舗の数そのものは、全く無意味とまでは申しませんが、それほど重視してもあまり意味がありません。

 

むしろ、過度に重視し過ぎると、フランチャイズチェーンを適切に評価できなくなります。

 

例えば、創業して間もないアーリーステージのFCなら店舗数が少ないのは当たり前ですし、店舗数が少ないFC=悪いFC、多いFC=良いFCといった単純な評価はナンセンスです。

 

では店舗数に関わる情報として何を重視すべきかと言えば、「開店数と閉店数の推移と比率」です。

 

例えばAというチェーン店の平均開店数は毎月10店舗、Bというチェーン店は毎月5店舗だとします。

 

この数字だけ単純比較すればAが勢いがある、従ってAの方が「優良FC」と評価したくなります。

 

ところが平均閉店数がAが「月10店舗」、Bが「2ヶ月に1店舗」となった場合はどうでしょうか。

 

開店数と閉店数の月間比率ではAが1:1となりますが、Bは10:1で、断然Bの方が優良となります。

 

また、1ヶ月間のトータルの店舗増減数を比べるとAはプラマイゼロですが、Bは4店舗ないし5店舗のプラスとなりますので、Bの方が勢いがあるとなります。

 

店舗数ではなく、開店数と閉店数に着目すべき理由はそうした判断ができるからです。

 

開店数には適切な経済速度がある!多ければ良い訳ではない!!

 

今度は、Aの開店数が10店舗、Bが5店舗で、共に閉店数が1だった場合はどのような評価になると思われるでしょうか。

 

開店数と閉店数の比率ではAが10:1になるのに対し、Bが5:1となりますから、比率の比較ではAの方が「優良」と言えそうです。

 

しかし、月10店舗のペースで開店するということは、年間120店舗ものペースで開店することを意味します。

 

例えば全国に千店舗をすでに有し、各地域ごとに統括本部などの組織も構えている大手チェーン店が月10店舗、年間120店舗のペースというなら、まあ妥当というか、それほど無理のないペースと言って良いでしょう。

 

ところがまだ加盟店舗数が10店舗しかないチェーン店だったとしたら、このペースはどうでしょうか。

 

店舗数が増えるということは、スーパーバイザーも当然その数に応じて増やさなければなりませんし、出店地域をどう指導するか、指導体制も確立させなければなりません。

 

いくらSVが頭数だけそろっていたとしても、東京から全国の店舗に出向いて臨店指導するなどムリです。

 

資材の供給体制なども、店舗数に応じて拡大させてゆく必要があります。

 

つまり、フランチャイズチェーンの月間出店数については、適切な経済速度、柔らかく言えば「身の丈に合った出店速度」というものがあり、決して多ければ良いというものではないのです。

 

では最適な経済速度はどれくらいかとなると、この点ばかりはフランチャイザーのビジネス内容や組織体制などによって異なってきます。

 

一概にこれぐらいの数字が適切だとは言えません。

 

その上で、東京に本社があるだけで支店組織がないフランチャイザーが月間10店舗のペースで出店というのは、あくまでビジネスの内容次第ではありますが、「急ぎ過ぎ」の可能性がありますから、留意する必要があります。

 

開店したのは良いが、なかなかスーパーバイザーが来てくれない、サポートが十分受けられないとなってしまえば、その後の経営に大きく響いてきますからね。

 

そのタイプのフランチャイザーであれば、月間最大で5店舗程度が無理のない数字の目安になってきます。

 

クドいようですが、あくまで上記数字は目安であり、絶対ではありません。

 

例えば無店舗タイプのFCで、加盟者側が東京で定期的に研修を受ける制度があるなら、加盟者者数はもっと柔軟に考えられます。

 

そうしたケースもありますので、単純に数字だけで善し悪しを評価しないようにしてください。

 

開店情報・閉店情報に参考にしたい「開店閉店.com」

 

ところで開店情報、閉店情報はフランチャイザーにとってデリケートな情報となってきますので、加盟商談がある程度進まない限り、具体的な情報はなかなか得られません。

 

そこで、商談がすすんでいないFCでも開店情報、閉店情報を得られるサイトとして、私が実際に活用しているサイトをひとつ紹介しておきます。

 

「開店閉店.com」というサイトです。

 

開店や閉店情報を専門に紹介している情報サイトは、開店閉店.com以外にも幾つかありますが、個人的な使用感としては一番利用しやすく、情報量も充実しているように感じます。

 

また開店閉店.comなら、フランチャイズチェーンが存在する業種がだいたいカバーされています。

 

例えば神奈川県のAというチェーン店の開店情報を知りたければ、検索ボックスに

 

「 神奈川  A  開店 」

 

の3ワードによる検索で、神奈川県内のAの店舗が具体的な店名情報と共にいつ頃、何店舗開店したかがわかります。

 

閉店も同じ要領で検索すればすぐに検索結果が表示されますので、AというFCが、今月、神奈川県で○店舗開店し、☓店舗閉店したといった、フランチャイズ本部側がなかなか明かしたがらない情報を簡単に、すばやく具体的に入手できますので、FCの分析に大変重宝しています。

 

ということで、関心がある方はぜひ利用してみてください。

 

 

-FC加盟を検討されている方々へのアドバイス
-, ,

執筆者:

関連記事

日経FCショー2019を自分に活かすための3つのポイント

日経FCショー2019を自分に活かすための3つのポイント

目次1 フランチャイズ・ショーで絶対質問すべき4項目2 自分が関心のない業種のブースにも飛び込んでみる3 加盟関心度を尋ねられたら「あなた次第です」と答えるのも一方 フランチャイズ・ショーで絶対質問す …

本当にデメリットか

フランチャイズ加盟の「デメリット」とは本当にデメリットか?

目次1 【フランチャイズのデメリット例】1.0.0.1  3.加盟中および加盟後の一定期間、類似した事業を行なうことができない1.0.0.2  5.自由に出店、閉店ができない2 仕入先が自由に選べない …

学習塾FC選びのポイントはただ1つ

学習塾FC選びのポイントはただ1つ

目次1 学習塾フランチャイズチェーンは再流行の兆し?2 学習塾フランチャイズ選びの最重要ポイントはたった一つ!3 多くの学習塾FCの募集広告内容は情報商材化している4 学習塾という「資産」を作ることが …

フランチャイズはなぜ否定的な意見やうわさが絶えないのか

目次1 悪い印象が根強い日本のフランチャイズ業界2 なぜこうした批判的な意見が多いのか3 フランチャイズシステムそのものは悪くないはずが・・・ 悪い印象が根強い日本のフランチャイズ業界   …

悲劇を招いたFC選びの失敗事例

悲劇を招いたFC選びの失敗事例

1月20日にアップした 「FCの選び方・たった2つの重要ポイント」は 大変反響が高く、一気にアクセス数が上昇しました。 それだけ皆様がFC選びに悩まれていること 関心が高いことがよくわかりました。 そ …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索