会社員がFC独立するならやっておくべきこと・その1 – フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FC加盟を検討されている方々へのアドバイス

会社員がFC独立するならやっておくべきこと・その1

                      

サラリーマンの方が独立後に大きく変わるもの

前回記事「経験者は語る・サラリーマンがフランチャイズで独立はアリ、ナシ?」でサラリーマンの方がFCで独立するのはアリ!とお答えしました。

その一方で、いくつか大切なことがあるとお伝えしていましたので、その一つをお伝えします。

正直、何からお伝えすれば良いか迷いがありましたが、今回は

「クレジット(カード)」についてお伝えします。

「なんだそんなこと?」と思った方もいるかも知れません。

が、私が独立を果たした際、家族ぐるみで真っ先に「困った~」となり、苦労されられたのがクレジットカードでした。

今でも時々、あの時は大変だったなあと思い出すこともあります。

フランチャイズに限らず、独立を検討している方にとって決して瑣末なことではありませんので、どうか最後までお読みください。

クレジットカードは勤続3年以上のサラリーマンの方なら、いくらでも作れると言って良いぐらい簡単に作れますよね。

広告もうんざりするぐらい目にしますし、サラリーマンの皆様にクレジットカードの重要性を認識せよというのがむしろ無理があるかも知れません。

 

ところが、会社を辞めた途端状況は一変します。

 

あれほど簡単に作れたはずのクレジットカードが、会社を辞めたら見事なまでに作れなくなります。

また、この影響は(扶養している)家族にも大きな影響を与えます。

カードを持っていなかった家内が、家計の資金繰りで困ったときにはカードを利用しようという内助の功的発想でカードを作ろうとしたところ、ことごとく申し込みを断られました。

もう一点加えるなら、クレジットカードは法人用もあります。

しかし、出来立ての法人に法人用のカードを用意してくれるカード会社などいません。

それぐらい独立するということは対外的な「信用(=クレジット)」が乏しいということなのです。

一方、一定年数以上勤続した正社員の方はとても高い「信用」があるということです。

こうした信用に関わる問題はクレジットカードだけではありません。

例えば婚約している方が独立を機に婚約解消されたとか、身内の保証人にもなれなくなるとか、様々な場面で影響が生じます。

■クレジットカードはいざという時の安心感が得られる

無駄な買い物につながる、お金に対する感覚が麻痺する、等の理由からクレジットカードは作らないという方もいます。

しかし、サラリーマンの方が独立を考えているなら、クレジットカードはサラリーマンの内にできるだけ作っておくことをオススメします。

独立後、資金繰りには大変苦労することになりますからです。

いざという時に「カードで支払える=支払い一ヶ月以上先延ばしにできる」安心感はとてつもなく大きいからです。

クレジットカードの種類としては「VISA」、「MASTER」、「JCB」の三種類は最低でも1枚ずつ保持しておくことをオススメします。

それだとショッピングできる金額が増大してこわいと、不安に思う方もいるかもしれませんね。

クレジットカードは「信用情報」をクレジットカード会社同士が共有しています。

例え何枚異なるカードを作ったとしても、ショッピングの利用限度額やキャッシング限度額まで枚数に応じて無限に増加する訳ではありません。

従ってそうした心配は無用です。

では1枚でも良いではないかと思われるかも知れません。

が、店舗によってVISAは使えるがMASTERは利用できない云々があります。

異なるブランドのカードを保持しておくと、やはり重宝します。

独立したての頃は繰り返しとなりますが「信用」がありません。

ただでさえ何かと現金払いを要求されるものです。

そのため、特に独立仕立ての頃は「現金」が物をいます。

だからこそですが、クレジットカード払いできるものはカードで支払い、現金はできるだけ使用しないのが得策なのです。

そのためにも三種のカードは最低限カバーしておくことが望まれる訳です。

■駆け込みで慌てて作ろうとしてもダメ

ただ、同時期に何枚も作ろうとすると制限がかかり、作れなくなることもあります。

例えば来月には会社を辞め、フランチャイズ経営に乗り出すというタイミングでクレジットカードを駆け込みで大量に作ろうとしても、出来ません。

「クレジットカードごとき」と馬鹿にせず、サラリーマンの身分でいる間に計画的に時間をあけて三種類のカードを作っておくことが大切なんです。

■リボ払い契約もダメ

但し絶対に避けるべきは「リボ払い」の契約です。

返済額が一定になるため楽に思えますが、使った額が変わらないのですからその分返済期間が長引きます。

返済期間が長引けば、その分金利負担分も増加し、なかなか借金が減らないという状況に陥ってしまいます。

カードを作る際に支払い方法が「リボ払い」になっていないかを確認し、「一括払い(または金利不要の2回払い)」を選択することが大切です。

ということで、サラリーマンの方は、フランチャイズに限りませんが独立するつもりならクレジットカードが作りやすい今の内に最低三種類のクレジットカードを作っておくことをくれぐれも忘れないようにしてください。

さて、サラリーマンがフランチャイズで独立する前に留意しなければならいことはクレジットカード作りに留まりません。

他にも留意して欲しいことがございます。

当ブログカテゴリーの「FC加盟を検討されている方々へのアドバイス」にも重要なことが多々書かれていますので、こちらにもしっかりと目を通すようにしてください。

-FC加盟を検討されている方々へのアドバイス
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

インタビュー FCオーナーからのメッセージ

インタビュー後編 現役FCオーナーからのメッセージ

目次1 現在の店舗数と今後の展開見通しについて1.0.1 ■現在の店舗数を教えてください。1.0.2 ■飲食店からお尋ねしますが、4店舗にした理由や今後の展開はどうお考えですか?1.0.3 ■それでマ …

FC投資資金の回収は○ヶ月以内を目指せ!

目次1 「投資資金の回収期間は○○ヶ月です」の○○はどんな数字が適正なの?2 投資資金の回収は12ヶ月を目指せ?!3 FC加盟は競争ではありません。ただし 「投資資金の回収期間は○○ヶ月です」の○○は …

日経FCショー2019を自分に活かすための3つのポイント

日経FCショーを自分に活かすための3つのポイント

目次1 フランチャイズ・ショーで絶対質問すべき4項目2 自分が関心のない業種のブースにも飛び込んでみる3 加盟関心度を尋ねられたら「あなた次第です」と答えるのも一方 フランチャイズ・ショーで絶対質問す …

50代男性

50代、60代の方がFC加盟する場合の留意点とは

本記事では50代、60代の方々がFC加盟し、独立を果たす場合にぜひ留意して頂きたいことをお伝えしたいと思います。 目次1 本部やスーパーバイザーのアドバイスに素直に従う2 アルバイトスタッフを信じ、仕 …

本当にデメリットか

フランチャイズ加盟の「デメリット」とは本当にデメリットか?

目次1 【フランチャイズのデメリット例】1.0.0.1  3.加盟中および加盟後の一定期間、類似した事業を行なうことができない1.0.0.2  5.自由に出店、閉店ができない2 仕入先が自由に選べない …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

検索