フランチャイズは本部だけが儲かる仕組み? – フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FC加盟を検討されている方々へのアドバイス

フランチャイズは本部だけが儲かる仕組み?

                      
フランチャイズは本部だけが儲かる仕組み

フランチャイズは本部だけが儲かるのか

フランチャイズは本部だけが儲かる仕組みで、加盟するフランチャイズジーの方は儲からないといった意見は比較的よく聞かれます。

まあ、こうした指摘は加盟者本人が口にされている場合も多いため、説得力があるように世間も思ってしまいます。

私自身も実はスーパーバイザー(以下SV)をやっていた頃、そうした主旨の非難をオーナーから浴びせられた経験があります。

そのとき、私がそのオーナーに語った内容をお伝えします。

このことは本部を経験したからこそ自信をもって言えますが・・・

どれだけ直営店舗だけの方が楽かと思ったことは、一度や二度ではないということをお伝えしました。

こんな思いは、本来軽々にはフランチャイズオーナー(以後フランチャイジー)の前で口にできることではありませんがね。

ロイヤルティーの計算でわかるフランチャイザー企業の現実

仮に1店舗あたりの平均月商が700万円だったとして、ロイヤルティーが5%と仮定します。

するとその店舗からのロイヤルティーは月額35万円です。

スーパーバイザーが管理する店舗が5店舗だったとしたら

35×5=175万円/月

175万円が、5店舗からのロイヤルティー収入となります。

ではスーパーバイザーに給与として月額40万円支払ったとします。

これに社会保険費の会社負担分や退積、賞積だとか、スーパーバイザーの月度活動経費等々を加えたら、だいたい月額でざっくり75万円程度になります。

それを差し引くと残りが約100万円です。

つまりスーパーバイザーの人件費や経費を除くと、本部の取り分は175万ではなく100万となります。

しかもこの計算は、平均月商700万円の店舗を全国で100店舗チェーン展開しているフランチャイズで計算した場合です!

(全店舗の平均月商700万なんて、大変優秀な一握りのフランチャイズチェーンですよね。

ただこの数字を大きめにして説明しないと、説得力が伴いませんのであくまで仮定の話として読み進めてください。)

100店舗で本部の取り分がいくらになるかと言えば、5店舗の20倍ですから

100万円×20で月額2千万円です。

一方チェーン店全体の売上規模は月間で7億、年商で84億円にもなります。

年間のチェーン店全体の売上で100億円が目の前という一大フランチャイザー企業の本部が、SVの人件費や活動費を除いて受け取れる額は月間でたった2千万円。

年間で2億円4千万円です。

ロイヤルティー収益だけでは赤字の場合も・・・

ここからSV以外の本部職員の給与も支払わなければなりませんし、本社の家賃も支払わなければなりません。

何より新商品の試作や開発といった、必ず成功するとは限らない投資にかなりのお金も注がなければなりません。

こうしてなんとか残った利益の半分が、税金でもっていかれます。

如何でしょうか。

フランチャイズは本部だけが儲かる仕組みでしょうか。

コンサルティングを行なっているから良くわかりますが、フランチャイズ本部は

「繁盛している”直営店”」

を抱えていなければ、ロイヤルティー収入だけではとても維持できないというケースも、決して珍しくないのです。

事業のFC化を検討している皆様へ

申し上げたいことは、フランチャイズという構造は加盟店より

「本部側が儲けることが難しいビジネスだ」

ということです。(悪質なことをやって儲けているケースは別次元の話です)

対象読者が突然変わりますが、事業のフランチャイズ化を目指している経営者の皆様、それでもフランチャイズ化を目指しますか。

自分を犠牲にしてフランチャイジーが儲かるために汗を流す覚悟ができていますか。

なんとしても加盟してくれたフランチャイズオーナーを守り抜くという、強い決意はありますか。

そんな高貴な志をもった経営者の方から事業FC化の依頼を受けた場合には、何が何でも成功して頂けるよう全力で協力致します。

-FC加盟を検討されている方々へのアドバイス
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

フランチャイザー向けの記事も読むべき

FC加盟検討者はフランチャイザー向けの記事も読むべき!

目次1 自分が対象ではない記事にも重要なヒントがある1.0.1 ●加盟検討者にとって現役のFCオーナー対象記事はどう役立つ1.0.2 ●加盟検討者にとってランチャイザー企業対象記事はどう役立つ1.0. …

Coco壱番屋のカレー

CoCo壱番屋 ブルームシステムに対する所見

カレーチェーン店の代表格と言えば、海外を含め、1400店舗以上の運営数を誇るCoCo壱番屋です。 CoCo壱番屋はフランチャイズチェーンとしても有名ですが、ご存知の方も多いかと思われますが、一般的なF …

ホテル

ホテルの業務委託は覚悟が必要

ホテルチェーン店の業務委託制度の募集広告記事は、フランチャイズ募集のポータルサイトでよく見かけられますね。 フランチャイズではありませんが、募集広告記事が多いためか、質問や相談を受ける機会も時々ござい …

フランチャイズとはPART2・運営形態や関係

フランチャイズとはPART2・運営形態や関係

目次1 本記事は「フランチャイズって何?」のパート2です2 ■「経営的ノウハウの提供」とはどんなにふうに行われるのか3 ■マニュアル(化)の意義4 ■「継続的な支援」とはどのように行われる?5 ■「独 …

今フランチャイズに加盟すべきか

FC加盟を検討している方々の中には、武漢肺炎、即ち新型コロナ禍でのフランチャイジー加盟は適切なのか、迷っておられる方も多いと思われます。 そこで本記事では、第三者の立場からフランチャイズ加盟のタイミン …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

検索