注目の飲食FCジャンルは「オムライス」 | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FC加盟を検討されている方々へのアドバイス

注目の飲食FCジャンルは「オムライス」

                      
オムライス

オムライスは「オススメ」ではなく「注目」しています

今私が飲食FC分野で”注目”しているジャンルがあります。

 

それは「オムライス」です。

 

ただし、誤解して頂きたくないのですが、オムライスは「注目」しているのであって、皆様に「オススメのFC」という訳ではありません。

 

特に飲食FC選択において重要なことは、このブログでも繰り返しお伝えしてきたとおり、皆様自身がその飲食FCの大ファンになれるかどうかです。

 

当然人によって飲食の好みは異なりますので、「飲食分野ならこのジャンルのFCがオススメ」といったアドナイスは意味をなさないどころか、有害になる場合もあるからです。

 

とは言え、一口に飲食FCと言っても、そのジャンルは大変幅広く、きな飲食メニューがたくさんあり過ぎて、なかなか絞りきれないと悩まれる方も少なくありません。

 

そこで、本記事では「オススメ」ではなく「ジャンルを絞るためのヒント」として私がなぜオムライスのFCに注目しているか、お伝えして参ります。

 

オムライスFCに注目している理由その1:根強い人気を誇るメニューなのに全国的に有名な専門店がない

 

オムライスFCに注目している一番の理由は、老若男女問わない幅広い層で好まれる、安定した高い人気を誇りながら、全国制覇を果たした専門のチェーン店がなことです。

 

マイボイスコム社の自社企画において2017年に実施された「好きな洋食メニュー」ランキングで、オムライスは1位のカレーライス、2位のハンバーグに次いで、3位にランクインしています。

(情報ソース https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=22605

 

カレーライスやハンバーグでしたら、皆様も店舗名が浮かぶチェーン店があるかと思います。

 

ところが、オムライスとなると、例えば抜群の人気を誇る老舗の個店などは結構ありますが、全国的に有名なオムライス専門のチェーン店となると、パッとチェーン店の名前が浮かびませんよね。

 

つまり、全国的なブランドを勝ち取るFCチェーン店の登場はこれからという市場だからです。

 

オムライスFCに注目している理由その2:オペレーションの標準化+メニューの水平展開がしやすい

 

当ブログの読者の皆様は耳タコだと思いますが、事業のFC化で重要なことは「オペレーションの標準化」です。

 

いくら飲食業のFCが多いと言っても、メニューやサービス形態によってはオペレーションの標準化が難しい場合もあります。

 

その点でオムライスは職人技に頼らないと調理できない難度の高いメニューではなく、オペレーションの標準化は十分可能です。

 

また、オムライスはかけるソースやスクランブルエッグに包むライスにバリエーションを持たすことで、オムライスの調理方法を基準にしたまま、メニューの幅を広げやすい点も魅力です。

 

更に、オムライスFCはチェーン店の強みを活かしやすい業態でもあります。

 

例えばオムライスにかけるソースだけはフランチャイザー本部の工場で開発・製造し、各店舗へ半製品として届けるようにすれば、チェーン店としてのブランド力を高められますし、店舗オペレーション負担の軽減と効率化や原材料費の抑制、「味」に対する品質の統一も図りやすくなります。

 

 

オムライスFCに注目している理由その3:昔からある洋食メニューである

 

諸説あるようですが、オムライスの歴史は明治時代まで遡ることができるようです。

 

つまり、平成や令和の時代に海外から突如として持ち込まれた飲食メニューではなく、明治時代からかれこれ100年以上、日本の洋食メニューのひとつとして日本人に食され、愛されてきた誰もが知るメニューであることも、オムライスFCから目が離せない大きな理由なんです。

 

食文化はIT産業と異なり、極めて保守的です。

 

例えば皆様は、好きな寿司は何かと問われた場合、何を思い浮かべるでしょうか。

 

100円回転ずしでは実に様々なメニューが開発されていますが、やはり中トロやうに、いくら、サーモン、ほたてといった定番的メニューが真っ先に浮かんだのではないでしょうか。

 

実はこの点はとても重要で、誰もがそのメニューや味を知っていることは、市場で長期的に安定して受け入れられる条件として重要なのです。

 

つまり、日本人の味覚が激変でもしない限り、オムライスは今後も長期的に食されるメニューであり、チェーン店としてのブランドや信用を確立できたFCに加盟すれば、長期的に安定した店舗運営が期待できるからです。

 

以上のような理由から、私はオムライスFCに注目していますが、残念なことに、「ここが一押し!」と私自身が自信をもって言えるFCはまだ登場していません。

 

どうか早く口うるさいコンサルを唸らせる、優良オムライスFCの登場を期待して止みません。

-FC加盟を検討されている方々へのアドバイス
-, ,

執筆者:

関連記事

男性は女性専門店のFCオーナーになるべきではない

男性は女性専門店のFCオーナーになるべきではない?!

目次1 女性専門サービスのFC店舗は男性は利用できないが・・・2 基本的にはオススメしません!3 どうしても加盟したい場合は愛妻や愛娘がファンになることが最低条件 女性専門サービスのFC店舗は男性は利 …

二等立地

フランチャイズ選びの極意・二等立地ではやっているFCを狙え!

目次1 ■店舗型フランチャイズは一に立地、二に立地1.0.1 とは言うものの・・・・2 ■優良物件が見つからない場合の二つの対策 ■店舗型フランチャイズは一に立地、二に立地 フランチャイズに限らず、店 …

今フランチャイズに加盟すべきか

FC加盟を検討している方々の中には、武漢肺炎、即ち新型コロナ禍でのフランチャイジー加盟は適切なのか、迷っておられる方も多いと思われます。 そこで本記事では、第三者の立場からフランチャイズ加盟のタイミン …

Coco壱番屋のカレー

CoCo壱番屋 ブルームシステムに対する所見

カレーチェーン店の代表格と言えば、海外を含め、1400店舗以上の運営数を誇るCoCo壱番屋です。   CoCo壱番屋はフランチャイズチェーンとしても有名ですが、ご存知の方も多いかと思われます …

FC選びに欠かせない!開店数と閉店数の分析

目次1 FCを評価する場合に大事なのは店舗数ではなく開店数と閉店数の推移と比率2 開店数には適切な経済速度がある!多ければ良い訳ではない!!3 開店情報・閉店情報に参考にしたい「開店閉店.com」 F …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索