フランチャイザーは早急に中国から撤退すべき – フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

コンサルタントの視点

フランチャイザーは早急に中国から撤退すべき

                      

カントリーリスクが世界で最も高まっている国が中国

経済と政治は別と言いたいところですが、特に海外で事業展開を行う場合、事業を行っている外国の政治状況やカントリーリスクは決して無視できません。

中でも問題ありの国となっているのは中国です。

具体的に指摘致しませんが、戦狼外交と呼ばれる傍若無人な外交を行っています。

その結果、米国を中心に中国を経済的に封じ込める動きもでてきており、政治的な側面ではなく、経済的なリスクが高まっています。

更に中国を悩ませているのが自然災害です。

豪雨によるダムの決壊や河川の氾濫が相次ぎ、重大な被害が発生しています。

もっとも、これらの被害が局所的な影響で済むなら過大視する必要はありません。

世界最大の三峡ダムが万一決壊するようなことがあれば、中国の経済損失はGDPの約40%に達すると想定されています。

もちろん、それは中国だけのダメージではなく、中国に拠点を構えている日本企業も無傷では済みません。

中国市場は魅力的だが・・・

中国市場は確かに魅力的です。

インドや南米など今後が期待できる海外市場はありますが、中国を超える規模の市場が登場するかと言われたら、それはないでしょう。

それだけに、今中国から撤退するのは拙速だとの考えも理解はできます。

しかし、その誘惑に負けて中国の事業を継続するのは決して得策ではないのです。

なぜ中国から撤退すべきなのか

なぜ中国から撤退すべきかですが、冒頭で申し上げた政治的、経済的摩擦や自然災害だけが理由ではありません。

次の二点が、特にザーとジーの信頼関係が重要になる日本のフランチャイズビジネスにとって致命的と言えるぐらい、大きな問題と言えます。

・法的な不透明さ

中国にも法律はありますが、完全な法治国家とは言えません。

自治体や共産党幹部との人脈などで白黒が変わることあり、その点でフェアなビジネスを展開しにくい土壌があります。

特に現地企業とトラブルが生じた場合、こちらに非がなくとも裁判で勝つことがほぼ不可能とも言われています。

政治的なリスクや自然災害が顕在化せずとも、法的に、客観的に権利が守られる補償がない世界でのビジネス継続は、非常にハイリスクと言って良いでしょう。

 

・米国でのビジネス展開に大きな支障が生じる可能性

現在中国に対して最も強硬な姿勢を見せているのが米国ですが、中国での事業を継続している場合、それが要因となって米国企業との取引や米国市場での事業運営が困難となるおそれがあります。

いくら中国が魅力的だと言っても、世界一の経済大国はやはり米国です。

加えて米国は日本以上の契約社会であり、自由と平等といった価値観でも日本と共通しています。

もし中国と米国のどちらかの市場を選ばなければならなくなった場合、ビジネスを行うならば、米国を選ぶべきです。

中国からの撤退は「損切り」を意味することになります。

撤退するのにかなりの費用負担を強いられるかも知れません。

しかし、少なくとも現況の政治状況が大きく変わらない限り、リスクが多すぎです。

目の前の利益だけにとらわれず、長期的に安定した事業経営を実現するには、カントリーリスクと向き合う覚悟も大切だと言えます。

-コンサルタントの視点
-

執筆者:

関連記事

モスバーガー不振の原因

モスバーガー不振の原因について語ります

モスバーガーはメディアなどから「業績不振」と指摘されて久しい状況となっており、本ブログでもモスバーガーの分煙判断を厳しく指摘致しました。 しかしながら、モスバーガーの業績不振は決して分煙だけが原因では …

経済対策提言 逆消費税10%の導入を!

武漢肺炎による深刻な経済的影響を打破するため、自民党の若手を中心に消費税ゼロが提言されていますが、私は更に「逆消費税」を提案します。 逆消費税とは国民が消費を行ったら消費税を取られるのではなく、逆に国 …

セキュリティー対策

緊急告知!宛先間違いの請求書はランサムウエア!

今回の記事はフランチャイズではなく、ランサムウエアに関する話題です。 幸いなことに私は一歩手前で気付けたので、ランサウエアに感染し、身代金を要求されることにならずに済みました。 しかし、手口をご存知な …

韓国は「付き合いにくいクライアント」と割り切るべき

このブログでは政治的な話は極力避けるようにしてきましたが、ザーもジーもFC展開において海外進出をするべきと主張している以上、隣国である韓国について、触れない訳にはいかなくなってきました。 韓国羽田・ソ …

引用: ウィキペディア

やよい軒おかわり有料化はなぜ炎上を招いたか

定食分野で今やあの大戸屋を抜き去り、トップに躍り出たFCといえばプレナス社の「やよい軒」ですが、やよい軒のごはんおかわり有料化が物議を醸しています。 正確には、ごはんのおかわり有料化が問題になったので …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

検索