米国生まれ・日本育ちのフラチャイズシステムの課題 | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

フランチャイズ裏話

米国生まれ・日本育ちのフラチャイズシステムの課題

                      

米国生まれのフランチャイズにおける重要な前提

前回記事でフランチャイズシステムがアメリカで生まれたことの意味についてお伝えしましたが、この記事は前回の続編です。

 

従いまして前回記事をご覧になっていない方は、ぜひ前回記事もご覧頂いた上で本記事を読んで頂くことをオススメ致します。

 

さて、フランチャイズは多民族国家アメリカにおいて、民族的な違いを乗り越えてビジネスの成功モデルを共有するために生まれたシステムといった主旨をお伝えしましたが、日本のフランチャイズはこの原点が軽視されています。

 

民族的な違いを乗り越えるということは、「違い」があることが前提になっています。

 

もう少し詳しく表現すれば「民族間で考え方や文化、慣習、知識などで様々な違いがあるのだから、ビジネスを理解し合い、共有することは容易なことではない」という前提があったと言えます。

 

その容易ではないことを実現するために生み出された手法が、オペレーションの標準化やマニュアル(化)を柱としたフランチャイズシステムなのです。

 

■違いを前提としない単一民族日本の慣習や文化

ところが、日本は単一民族国家です。

 

島国で他国民族がいなかったことが影響してか、

「空気を読め」、「察して知るべし」、「阿吽の呼吸」・・・・・

などなど、わざわざ詳しく説明しなくとも悟ることや適切に判断することを求める民族性があります。

 

また、そうした感性が秀でている人を高く評価する文化すらあります。

 

従って日本企業が「理解し合うことが難しい」という前提の元に作られたフランチャイズシステムを取り入れるなら、自分達のこうした民族性の特徴が悪影響を及ぼさないよう細心の注意を払う必要があった訳です。

 

ところが、そうした違いはあまり考慮されず、「日本人流にアレンジした」という聞こえの良い言葉のもと、フランチャイズシステムの根幹となるオペレーションの標準化にあまり注意が払われず、システムだけが安易に利用される状況を招いてしまっています。

 

日本のフランチャイズが粗末にしていることとは

 

自社が店舗運営などで行っているオペレーションを標準化する場合、大切なことは「知らない」「わからない」を大前提にした上で取り組むことです。

 

逆に言えば「これぐらいのことは説明しなくともわかるだろう」という発想は、オペレーションの標準化を行う上で最もやってはならない発想です。

 

ところが!

 

多少皮肉っぽく言えば「これぐらいのことはわかるだろう」に基づいた発想を存分に活かして、オペレーションの標準化やマニュアル化に取り組んでしまっているケースが大変多いのが日本のフランチャイズなのです。

 

この点をもう少し詳しく理解したいという方には、本ブログ記事のFCのマニュアル作りの基本は「カップめんの作り方」にあり!もぜひ参考にしてください。

 

カップめんの作り方一つとっても、そのプロセスを標準化し、マニュアルとして伝えることがいかに難しいか、よくわかります。

 

こうした背景が、日本においていまだにフラチャイズに対する悪い印象が払拭できない大きな理由の一つになっている訳です。

■日本のフランチャイズは情報商材と似たような状況にある

 

日本のフランチャイズは、情報商材の現状に少し似ているかも知れません。

 

非常に絶賛されている情報商材がある一方、詐欺だの何だのと叩かれる商材も多いことから、情報商材市場は全体的には好印象を得られていない点など正にそうです。

 

情報商材販売者の中には、人を騙すといった悪意のかけらもなく、自分が成功したノウハウを真摯に伝えているつもりの方もいるでしょう。

 

ところが日本のフランチャイズのように「これぐらいのことはわかるだろう」という認識が、購入者へノウハウを正確に伝える上での大きな阻害要因になっていることに気付けていないのです。

 

その結果、とても優れたノウハウだったとしても正確に情報を伝える上で肝心なことが抜けてしまっており、情報商材購入者が正しく理解できず、再現性も悪くなってしまい、挙句「あの情報商材は詐欺」といった烙印を押されてしまう訳です。

 

こうしたケースが多いことも、「情報商材=詐欺」といった評価が一向に減らない大きな要因になっていると見られます。

 

 

 

以上が日本のフランチャイズが抱えている大きな課題点です。

 

コンサルティングを行っているフランチャイザー企業はその点の是正をはかることができるのですが、日本のフランチャイズ全体となると、とても力及ばずもどかしい思いをしています。

 

しかし、こうした情報を発信し続けることが業界全体の改善に向けたささやかな歩みになると信じ、今後も課題について厳しく指摘し続けたいと考えております。

-フランチャイズ裏話
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

セブンイレブンの24時間営業見直しを踏まえたコンビニ業界の将来について

セブンイレブン24時間営業見直しとコンビニ業界の将来

目次1 24時間営業は絶対続けるべき+加盟店ファーストと言っていたセブンイレブン2 コンビニの人材不足問題は24時間営業開始以来の構造的問題3 時短は対策の一つに過ぎない。プラスαとして必要な施策とは …

マニュアルは「です・ます」調にし、話し言葉にならないように???

目次1 マニュアル作成を依頼された時の逸話2 話し言葉にならないようマニュアルを作成することを依頼されたが・・・3 「です、ます」=文語という誤解 マニュアル作成を依頼された時の逸話   今 …

フランチャイズの起源はアメリカであることの重要な意味

目次1 フランチャイズを本質的に理解するために大切なこと2 なぜハリウッド映画は世界中で支持されるのか3 フランチャイズとハリウッド映画の共通点 フランチャイズを本質的に理解するために大切なこと フラ …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索