FC投資資金の回収は○ヶ月以内を目指せ! – フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

FC加盟を検討されている方々へのアドバイス

FC投資資金の回収は○ヶ月以内を目指せ!

                      

「投資資金の回収期間は○○ヶ月です」の○○はどんな数字が適正なの?

今回の記事では、これもかなりご相談が多いテーマですが、FC投資資金の回収期間についてアドバイスさせて頂きます。

初期投資額の回収は業種業態、規模の大小、さらにはフランチャイズ企業が提案しているビジネスモデルによって異なってきます。

そのため、各フランチャイズチェーンが「初期投資額は○○ヶ月で回収できる」と説明する際、「○○」の部分はかなり幅が生じることになり、その結果、○○の数字の適正度がわかりにくくなっている面が確かにあります。

○○にはどんな数字が入るのが適正なのか?

結論から先に申し上げれば、FCによって異なるとなります。

更に言えば、同じFCであっても出店プラン次第で○○の適正数字は異なってくるということを、前提にしておいて頂く必要があります。

つまり、機械的に数字を当てはめて「このFCは資金回収が早くできる」あるいは「かなり遅い」といった判断することは、それこそ”不適切”です。

その数字を適切に判断するのは容易なことではありません。

場合によって私達のようなプロの力も利用して、慎重に丁寧に見極める努力が大切になってきます。

その上で!、ですが、あえて○○に具体的な数字を入れて提案させて頂きます。

 

投資資金の回収は12ヶ月を目指せ?!

「投資資金の回収は○○ヶ月」の○○にどんな数字を入れたら、ある程度汎用性のある数字になるかですが、それはずばり

「12」

です。

と言いましても、中には初期投資がほとんど不要というFCもありますので、そうした例外的な投資額のFCは除外した上での話です。

だいたいの目安ですが、300万円以上の初期投資が伴うFCは1年で回収できたら、合格点、あるいは優良と考えて頂いて結構です。

中にはFC本部の試算で、標準的な初期投資額回収が6ヶ月となっているケースもあります。

ただ、本部のシミュレーションはだいたい甘い数値で計算されています。

6ヶ月で回収できるケースはゼロではない、ぐらいの話として考えておくべきです。

要はそのようなFC事業であっても、12ヶ月以内の回収であれば合格点と考えるようにすれば、初年度は焦らず、じっくりと運営に取り組めます。

逆に、初期投資額回収が「20~24ヶ月程度」で回収できる(のが理想)とされているFC事業もあります。

12ヶ月はその約半分ですから、かなりタイトですね。

ただ、これほど時代変化が激しい、先行き不透明な時代において、仮に24ヶ月が堅実で、理想的な回収期間だったとしても、その数字を前提にし過ぎるのは少し危険です。

当たり前の話ですが、初期投資額は業種業態に関係なく、できるだけ短期間で回収できた方が良いに越したことはありません。

そこで、24ヶ月で回収できるとしているFC本部にぜひ尋ねて頂きたいことがあります。

「加盟者の中で、投資識見を最短で回収できた方は、どれくらいの期間で回収しましたか?」

という質問です。

そうすれば、FC本部としては自慢できる話なので、具体的な事例を教えてくれます。

その結果、もし一例でも12ヶ月で回収を果たした加盟者が実際にいるなら、ハードルは少々高くとも12ヶ月での回収を「目標」とすべきです。

一方12カ月で回収できた加盟者はないが、最短で15ヶ月の方ならいるという場合です。

この場合は12カ月を理想目標として掲げつつ、実現目標としては「15ヶ月」を設定することをオススメします。

FC加盟は競争ではありません。ただし

一つ憶えておいて頂きたいことがあります。

FCチェーンに加盟したら、営業マンの月次成績表同様、加盟店の売上をランキングやグラフ形式で公表される場合があります。

その数字で高ければ優越感を感じ、低ければ劣等感を感じてしまうかも知れません。

フランチャイザーもFCオーナーを奮起させるためにそうした数字を公表しているのですが、どうか本質は見失わないでください。

皆様はチェーン店内で競争するためにFCに加盟する訳ではありませんよね。

極論ですが、最下位であってちゃんと収益がでており、融資の返済も滞りできているなら、順位を気にして一喜一憂する必要は全くありません。

ただし、投下資金を1日でも早く回収するとの目標は皆様にとって必須の目標です。

単純な売上順位比較ではなく、早期に回収を実現した先輩FCオーナーの努力はお手本にすべきですし、その実績に追い付き、追い越すという良い意味でのライバル心は大切です。

この点を混乱されることなく、しっかりと目標を掲げて頂きたいと思います。

-FC加盟を検討されている方々へのアドバイス
-, ,

執筆者:

関連記事

学習塾FC選びのポイントはただ1つ

学習塾FC選びのポイントはただ1つ

目次1 学習塾フランチャイズチェーンは再流行の兆し?2 学習塾フランチャイズ選びの最重要ポイントはたった一つ!3 多くの学習塾FCの募集広告内容は情報商材化している4 学習塾という「資産」を作ることが …

フランチャイズの全面禁煙は常識

フランチャイズの全面禁煙は常識です!

目次1 分煙か禁煙か・結論が出ていないFCは意外に多い2 分煙などという選択は問題外の外3 理由その1:設備投資やコストの有無4 理由その2:全面禁煙しても売上は落ちない5 理由その3:従業員の確保に …

フランチャイザーではない企業を口説く

フランチャイザーではない企業を口説くのも加盟先選びの方法!

目次1 最初からFCをやるつもりではなかった企業がFC企業に2 ■既存のFCだけが加盟先の対象ではない2.0.1 ■簡単には口説けないという覚悟も必要 最初からFCをやるつもりではなかった企業がFC企 …

モデル収支費用編・この項目をチェックせよ!

モデル収支費用編・この項目をチェックせよ!

目次1 モデル収支の費用項目で着目すべきは一つで十分?!2 事例を通じて学ぶ・モデル収支の人件費チェック方法3 人件費をチェックする際のポイント・まとめ3.0.1 ■ポイント1:人件費は基本的な数値を …

二等立地

フランチャイズ選びの極意・二等立地ではやっているFCを狙え!

目次1 ■店舗型フランチャイズは一に立地、二に立地1.0.1 とは言うものの・・・・2 ■優良物件が見つからない場合の二つの対策 ■店舗型フランチャイズは一に立地、二に立地 フランチャイズに限らず、店 …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

検索