韓国は「付き合いにくいクライアント」と割り切るべき | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

コンサルタントの視点

韓国は「付き合いにくいクライアント」と割り切るべき

                      

このブログでは政治的な話は極力避けるようにしてきましたが、ザーもジーもFC展開において海外進出をするべきと主張している以上、隣国である韓国について、触れない訳にはいかなくなってきました。

韓国羽田・ソウルを飛行機で約1時間半、これが福岡、釜山間であれば、最短35分で移動できます。

移動に要する距離や時間が短いことは、ビジネスコストとして有利であることは間違いありません。

しかしながら、現在の日韓関係・・・否、今後の日韓関係を踏まえれば、こと韓国への進出は慎重に考える必要があります。

では日本は今後韓国とどう向き合い、どう付き合っていくべきか、私見をお伝えして参ります。

 

日本人の嫌韓意識の正体:約束事は守られるとの性善説

現在日韓関係を特に大きな問題となっているのが慰安婦少女銅像問題、徴用工判決問題、レーダー照射問題、そしてホワイト国除外ですが、これらの問題に対する我々日本人の主な感情は

「ルールや約束を反故にする韓国が悪い」

といったところだと思われます。

この感情を否定するつもりはないのですが、ただ、こうした状況を日本側(主に政府ですが)が招いてしまった側面があると私は見ています。

一言で言えば、韓国を「良き隣人」「信頼できる友」という前提で接してきたことです。

日本は社会を「性善説」で発展させてきた経緯があります。

その起源とも言えるのが、「村社会」に代表される仕事や生活の共同体的な仕組みです。

村社会には独特の「掟」が存在しましたが、掟は守られる、即ち村社会は互いにルールを守るとの前提がなければ、機能しません。

互いが良き隣人として助け合ってこそ、生活が営めたし、それが互いの豊かさの向上にも結び付いていったので、こうした基盤が日本人のDNAとして刷り込まれていった訳です。

少し脱線しますが、私がフランチャイズビジネスに大変魅力を感じているのは、米国生まれながら、こうした日本特有の村社会的は考え方にも相通じる、日本人に大変マッチしたビジネスモデルだからです。

「互いに信頼する」ということは、互いに交わした約束事を守ることが基本となります。

日本人は良くも悪くも、昔からのDNAで、互いにしっかりと交わした約束事であれば、守られるだろうとの前提というか、感情的な期待が韓国に対して少なからずあったと言えます。

そのため、「あれだけしっかりと約束したのに、なんで韓国は守らないんだ」という約束事を蔑ろにする数々の行為が、我々日本人には非常に不誠実に思えたり、あるいは「一方的に裏切られている」と見えたりすることから、「けしからん!」となって、日本人の嫌韓感情を生む大きな要因になったと考えられます。

 

性悪説にたったビジネスライクな取引相手と考えるべき

ご承知のとおり、欧米は「契約社会」ですが、契約に対する捉え方が日本とは大きく異なります。

そもそもなぜ契約するかですが、「約束事が守られない場合のリスク回避」が根底にあります。

要は、契約相手は信用できないとの性悪説が前提になっている訳です。

で、良くも悪くも契約違反や反故にされた場合の対応はドライです。

問答無用で粛々と契約内容に謳われている条件従って契約が解消されたり、ペナルティが履行されたりします。

もちろん、欧米での企業間取引においても、契約とは別に、互いの関係形成の中で話し合いや一定の譲歩で解決する、いわゆる日本人的対応で解決を目指す場合もありますよ。

しかし、それは日本人のように、契約より優先して行う対策ではありません。

契約が誠実に守られてきたという履歴、あるいは”スコア”があってのことです。

銀行融資やクレジットカードの発行で、この会社、あるいは代表者がどれだけ信頼できるかはスコアで評価されますが、こうした前提がなければ日本人的な話し合いで解決を目指すことはほとんど行われることはないのです。

要は、韓国に対して、こうした性悪説に立った二国間の取り交わしを行っていれば、事態はここまで拗れることはなかったと思います。

ところが、日本人は

「話し合いをすれば、人間同士なんだからきっと理解し合える」

「こちらが誠実に約束を守っていれば、相手もきっと守ってくれる」

といった性善説に則った「期待」を韓国に抱いてしまったことが、一連の問題を生み出す国民的な土壌になったと見ています。

 

 

日韓の関係を語る上で、植民地支配の自虐的な歴史観が日本人に植え付けられたことで、韓国に対する贖罪意識や特別に配慮すべきといった言った感情が外交の場面で負の影響をもたらしたとの指摘はよく聞きます。

それは否定しないと申しますか、韓国に対してなかなかノーが言えなかった、大きな要因の一つであることは間違いありません。

ただ、自虐史観や贖罪意識を取り除くだけでは、今日の問題を克服して、新たな日韓関係を築くことは困難です。

約束を何度も反故にされてきた客観的な事実を踏まえれば、契約上、日本人的な円満な解決を目指す相手ではないことは明らかです。

別に嫌韓意識を前提に、相手を忌み嫌う必要はありません。

「契約は守られない可能性がある」

「信頼を前提にしない」

「契約が履行されたら加点し、反する行為があったらマイナス評価する」

こうしたビジネスライクな視点に立った上で、韓国との関係を再構築する以外、現状を打破する方法はないと私は考えます。

話せばわかる・・・

相手を信頼することが大切だ・・・

こうした美徳とも言える日本人的発想を否定したくはないのですが、その精神で臨んでいても、韓国と関係は良好にならないことは十分証明されたと言えます。

韓国に対するこうした視点の転換が、今日本国民全体に求められています。

 

 

-コンサルタントの視点

執筆者:

関連記事

モスバーガー不振の原因

モスバーガー不振の原因について語ります

モスバーガーはメディアなどから「業績不振」と指摘されて久しい状況となっており、本ブログでもモスバーガーの分煙判断を厳しく指摘致しました。   しかしながら、モスバーガーの業績不振は決して分煙 …

FC業界はもうひとつの2025年問題に目を背けるな!

  2025年問題はフランチャイズ業界だけで解決できる問題でないことは確かです。   しかし、だからと言って、何も対策を打たなければ、フランチャイズ業界はザーもジーも共に苦境に陥っ …

QB_HOUSE

QBハウスが値上げしても顧客離れが生じなかった理由とは

目次1 QBハウスは1200円に値上げも客足は遠のかず2 QBハウスが値上げしても客離れが起きなかった理由その1:「10分」という時間明示と混雑を知らせる色灯3 QBハウスが値上げしても客離れが起きな …

インボイス制に断固反対する

またまた政策に関するテーマとなりますが、今回の軽減税率に伴って導入されるインボイス制度は、日本経済に深刻な影響をもたらすものであり、決して賛成できません。 先にお断りしておきますが、私は免税業者ではあ …

引用: ウィキペディア

やよい軒おかわり有料化はなぜ炎上を招いたか

定食分野で今やあの大戸屋を抜き去り、トップに躍り出たFCといえばプレナス社の「やよい軒」ですが、やよい軒のごはんおかわり有料化が物議を醸しています。   正確には、ごはんのおかわり有料化が問 …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索