ドミナント戦略の限界に気付けない哀れなコンビニ本部 | フランチャイズという選択

フランチャイズという選択

フランチャイザーとフランチャイジーの両方を経験したコンサルからのメッセージ

コンサルタントの視点

ドミナント戦略の限界に気付けない哀れなコンビニ本部

                      

コンビニオーナー苦しめるドミナント戦略という害悪

 

コンビニFCオーナーを苦しめる24時間営業問題について、当ブログでも取り上げましたが、オーナーを苦しめているのは24時間営業だけではありません。

 

ドミナント方式による出店戦略も、オーナーにとって生活基盤を脅かすだけの害悪でしかなくなってきています。

 

ところが、程度の違いこそありますが、コンビニ本部はこのドミナント戦略を手放そうとはしません。

 

この点は多少主観混じりですが、コンビニ業界の王者で、悲しいことにFC業界の王者でもあるセブンイレブンが、大手三社の中で特にドミナント戦略へのこだわりが強いと感じています。

 

セブンイレブンは、たしか「加盟店ファースト」を標榜していたはずなのですが、ドミナント戦略は、今や加盟店を殺し、本部だけを栄えさせる「本部ファースト」の象徴のように見られていることに、悲しいかな、まだ気付けていないようです。(あるいは気付いているのに、気付かないふりをしているだけかも知れませんが。)

 

ではなぜコンビニ本部はどうしてそこまでドミナント戦略にこだわり、またなぜドミナント戦略はコンビニFCオーナーを苦しめることになるのでしょうか。

 

私なりのコンビニのドミナント戦略に対する所見を述べたいと思います。

 

ドミナント戦略による成功体験と数字による呪縛

コンビニ本部がドミナント戦略を見直さないどころか、今尚こだわり、強硬に推し進めようとしている一番の理由は、ドミナント戦略で成功を収めてきた強烈な成功体験、具体的にはドミナント戦略推進によりコスト比率が削減され、売上が上がる数字上の魔力が、コンビニ本部をドミナント戦略の狂信者にしてしまっていると、私は見ています。

 

セブンをはじめとした大手コンビニ三社が、ドミナント戦略で快進撃を続けてきたのは確かに事実です。

 

また、ドミナント戦略自体が悪だとは、これっぽっちも思っていません。

 

ドミナント戦略は、”企業によって適切な運用をされている限り”、大変有効な戦略なひとつだと評価しています。

 

特定地域に出店すれば商材の配送やスーパーバイザーの巡回効率が高まるので、店舗数と売上に対する本部側のコスト比率は、そりゃあ縮減するでしょう。

 

また、出店地域での知名度や店舗ブランド、特にオリジナル商品に対する認知度向上も期待できます。

 

ひとつしか店舗がない場合には難しい、ローカルエリア限定での広告宣伝活動などもそのエリア内に一定の店舗数があれば取り組みやすくなるし、効果も期待できるようになります。

 

その結果として、ドミナント地域に選ばれたエリア内店舗の売上増も実現できていたと思われます。

 

そうした数字だけを見ていれば、

 

「数字が証明しているから、俺たちがやっていることは正しいんだ」

 

となってしまうのも、ある意味、仕方がないことかも知れません。

 

ドミナント戦略はオーナーの生活を脅かしている

 

日本はご承知のとおり、少子化による人口減少は抗えない既定路線となりつつあります。

 

政府が世論の反対を押し切って入管法を改正(”改悪”と揶揄されていますが)したのも、減少する労働人口を補うためです。

 

ドミナント戦略は人口が長期的に見込める地域なら、確かに効果的な戦略です。

 

しかし、長期的に人口減へと進んでいる日本において、今後の人口増が永続的に見込めるエリアなどひとつもありません。

 

つまり、ドミナント戦略は出店エリア内で顧客を奪い合う、パイ取り合戦の状況になっており、それは競合するコンビニ同士だけでなく、すでに同じブランドのコンビニ同士の競争へと完全に波及してしまっています。

 

一昔前であれば、一時的に同じブランドのコンビニ店同士が客を奪い合うことで売上が落ちても、その地域の人口が増えたり、ドミナント戦略で音を上げた競合ブランドのコンビニが撤退したりすれば、同ブランド店同士の競合が緩和されたケースはあったでしょう。

 

しかし、首都圏ですら今や人口減少に歯止めが利かない地域が出始めている状況です。

 

つまりパイ自体が縮小傾向にあるのですから、競合他店が撤退しても、同じブランドのコンビニが近隣がいくつもあれば、簡単に売上など回復はしません。

 

また、問題は売上だけに留まりません。

 

近隣にコンビニが増加すれば、アルバイトスタッフも近隣同士で奪い合うことになります。

 

コンビニは時給の割にハードワークとなることから、人気がなく、ドミナントの影響が少ないエリアでも求人になかなか応募がない状況が常態化してしまっています。

 

そのような中、コンビニの数だけで増えてしまえば、人手不足が更に深刻化してしまうことは、中学生でも理解できる話です。

 

つまり、人手不足の問題は、24時間営業だけでなく、過剰なドミナント戦略によっても引き起こされている問題なのです。

 

「加盟店ファースト」と声高に叫ぶなら、加盟店を現在最も苦しめている人手不足の解消や、日販減少に歯止めを打つべく、ドミナント戦略による出店の見直しは避けて通れないと断言させて頂きます。

 

出店ではなく、各店舗のオーナーやアルバイトスタッフが活き活きと店舗で活躍できる環境を整えることで、店舗としての活力や魅力をアップさせることで売上増を追求していくことが、コンビニに求められていることだと指摘させておいて頂きます。

 

-コンサルタントの視点
-, ,

執筆者:

関連記事

QB_HOUSE

QBハウスが値上げしても顧客離れが生じなかった理由とは

目次1 QBハウスは1200円に値上げも客足は遠のかず2 QBハウスが値上げしても客離れが起きなかった理由その1:「10分」という時間明示と混雑を知らせる色灯3 QBハウスが値上げしても客離れが起きな …

フランチャイザーは早急に中国から撤退すべき

目次1 カントリーリスクが世界で最も高まっている国が中国2 中国市場は魅力的だが・・・3 なぜ中国から撤退すべきなのか3.1 ・法的な不透明さ3.2 ・米国でのビジネス展開に大きな支障が生じる可能性 …

転売ヤーはクズで愚か者 

転売ヤーはくずで愚か者・・・刺激的なタイトルですが、プロの経営コンサルの立場から厳しく転売ヤーを改めて断罪させて頂きます。 マスクに限らず、品薄状態が続く生活必需品を買い漁り、転売して差額を抜く行為は …

免税事業者には本当に益税が生じているか?

先回の記事で、私はインボイス制に反対を表明しましたが、 「免税事業者は消費税をちゃんと納めてない。ケシカラン!」 といった「反対に対する反対意見」を頂戴しました。 こうした世論を増大させることが財務省 …

経済対策提言 逆消費税10%の導入を!

武漢肺炎による深刻な経済的影響を打破するため、自民党の若手を中心に消費税ゼロが提言されていますが、私は更に「逆消費税」を提案します。 逆消費税とは国民が消費を行ったら消費税を取られるのではなく、逆に国 …

スポンサー




自己紹介

私は現在、コンサルタントとして

・事業のフランチャイズ化支援
・フランチャイザー企業の経営支援
・顧客満足度(CS)調査・改善

を主なテーマにコンサルティング活動を行なっております。
近年、企業経営者や個人の方々からFC加盟についても相談を受けるようになりましたので、お役に立てればと考えこのブログを開設いたしました。

詳しい自己紹介はコチラをご覧ください。

ツイッターをスタートさせました。宜しければフォローをお願い致します。

検索